まるで迷路

備忘録

マオfromSID「箸休めNight」

箸休めしてきました~。

今月28日の仙台でツアーの最終日を迎えるのですが、個人的に東京・恵比寿での公演が最後なので、ちょっとした感想。シドとは違ったまったりとしたアコースティックならではのライブがとても楽しかったので、順序も決めずつらつらと書いていく。

私は横浜初日1部と今回の恵比寿ガーデンホール両部参加したけれど、あの雰囲気が好きだな~としみじみ感じて、心地よい余韻が今日もなお続いている。

恵比寿1部にはゆうや氏も来ていたようで、2部で「あいつ絶対俺のこと好きだよ」「ビルボードの時も来てたし」「マオfromSIDギャだよ」なんて、嬉しそうに話すマオ氏の可愛さプライスレス。ぼんやりとMC中のトークを聞いて、ソロ活動するにあたって、シドとの区分化をしなきゃいけないことに少し葛藤もあったのかな、なんて、勝手に思い込んでは考えもしたけれど、このソロ活動中本当に伸び伸び歌ってるマオ氏を見ては歌うの気持ちよさそうだし楽しそうだからこっちも楽しいしそれでいいや、って気楽なファンでいる。

個人的に今回のセットリストでお気に入りなのがDREAMS COME TRUEさんの「やさしいキスをして」。歌ってる時のマオ氏の表情や身体を使った表現をみると本当に女優に見える。性別変わってるけど。女目線の歌詞を歌う彼は仕草や表情がどこまでも女性らしくて素敵。

髪を撫でて 肩を抱いて

のところがとくに美しかった。指先のひとつひとつの動きが綺麗で、そればかり見てた。歌いながら不意にお客さんを見て、にこりと笑ったり、頷いたり、そんな彼を見たら誰もが虜になるんじゃないか、と思いながら彼の演者っぷりに感服。

JUDY AND MARYさんの「帰れない二人」も好き。正直オリジナル曲も勿論好きなんだけど彼のソロライブは彼の歌声で聞かせるカヴァー曲が何よりも良い。GLAYさんの「ずっと二人で…」での普段あまり聞けないような低音からの高音の伸びも素晴らしかった。これでもか、というほど彼の歌を堪能できる良いライブ。

曲数は10曲程のライブなんだけど、ライブ時間がおおよそ1時間30分~2時間。本人もおっしゃっていたけれど、ほぼMC。彼のMC安定して長いけど面白いし、大好き。1部と2部入ってMCでのトーク被りほとんどなし。両部入った人も楽しいし、こういうのがあるから何公演も入りたいって思ってしまう。どのアーティストのどんなライブでどんなMCでもいいと思うけど、私がシドのライブに行きたいって思う要因の一つに間違いなくマオ氏のMCがあるのは確か。サポートメンバーのnishi-kenさん、門脇さん、木島さん、初日の横浜に入った時より恵比寿では確実に距離近くなってたし、彼の人を惹きつける力なのかなんなのか分からないけど凄い。凄いとしか言えない語彙力。メンバーさんそれぞれ魅力たっぷりで演奏技術は勿論なんだけど、マオ氏が中身を掘り下げるとひたすらに皆さまカワイイ。ヴァイオリンの門脇さん、通称「大ちゃん」の可愛さ。「マオさんっ!」って呼ぶ後輩的可愛さが凄かったし、彼のノリの良さが素敵。マオさん曰くヴァージンキラーだった。ギターの木島さん、通称「やっちゃん」。門脇さんとのMCで「福岡でラーメン食べた!」って話をしてたんだけどその流れで、「ラーメンを物凄い食べたくなるのが理解できない」から始まり、ラーメンについての不思議を語る。ラーメン好きですけどね!で締めてた。しゅっとしてて男前な出立なのに話すことが面白い。ここにギターの彼がいたらひと悶着ありそうなところ。そしてお馴染みのソロ活動すべての楽曲を手掛けるキーボードのnishi-kenさん。みんなタメ語で話そう、ってなって、タメ語になった瞬間オネエの扉が開いた彼。キャラが凄い。低い声で色気を漂わすお兄様な雰囲気なのにタメ語になると途端に甘えた口調で何故か語尾が上がってた。一人一人との雰囲気が本当に良くて、マオがメインなんだけど彼ら無しでは成り立たないのを感じた。演奏終わりに視線を交差して締めているのを見るのが好きだった。

まとめて書くなら楽曲もMCも雰囲気も良いからこのメンバーでまたライブやるなら是非行きたい。勿論シドで埋め尽くされるライブの予定も大歓迎だけど、名前の通り「箸休め」に。大きい会場でもいいけどこのキャパで続けて欲しいところ。

次のシド毎はツアー二日目の千葉・松戸。それまで幸せの余韻を噛み締めていきます。