まるで迷路

備忘録

VIXX『Depend on』

ようやく会えたね、6VIXX!

ということで、初めてVIXXライブに足を運んできました。

今年の1月にLRでのライブしたときはバラードでしっとりとした空気感のなか、レオとラビの甘い歌声とラップが会場を包んでいて、とびきり有意義な時間を過ごさせてもらったのですが、今回は本体であるVIXX。

さすが、というかテレビで見るよりもうんと圧倒される歌声とダンスのキレ具合。

韓国のアイドルを何組か追ってるなかで私がVIXXが好きな理由は彼らのダンスでのバランス。

六人組でダンスを踊るとき必然的にシンメが生まれて、その踊りが揃っていてかっこいい。本国で最近カムバックした曲、다이나마이트はまさにそれを現していて結構好き。

個人的に一番好きなのはhydeなんだけどそれは今回見れなくて残念。

あとライブの演出が幻想的で本当に好き。

歌っている時に後ろで流れる映像、LRのときも思ってたんだけれど本当に素敵。

本人たちも勿論見ているんだけどそれが映えてうっとりする。

さてはて、何を書くかも決めずにつらつら書き始めたけれど何を書こう。

 

私が愛してやまないレオニム、へむち!!

最近の著しいハムスター化が可愛くてしょうがないよ、私は!!!

基本無口、無表情。最初の印象はなんか浮いてるこの子…。しかし一番心惹きつけられる。

そんな印象を変えないまま私の心を鷲掴みにしたのが先述のVIXXLR案件である。

LRを見て好きになったがいまやびくすちゃんの虜である。


この記事を書き始めたのが丁度公演の翌日だったが、追記に追記を重ねていまやこの公演がテレビ放送された。

改めて見るが、やっぱり激しい楽曲の連続で疲れ切ってへとへとな様子を晒す六人が最高に好きだ。そしてひょっくんがラビの真似をするところからの90line・えんちゃんとレオがたまらん。

肩に手を置くくだりで決して肩に触らせようとしないレオとそんな態度を受けてレオの頭をがしって掴む一枚上手なハギョニ。


精悍で美しい、男性美の塊であるびくすちゃん。そんな中での可愛らしさが大変ドツボです。

これからもズルズルとびくす沼に落ちていくでしょう…。