まるで迷路

備忘録

JACK IN THE BOX

今年のライブ納めを武道館にてしてまいりました。

このブログでライブを記録すべく書き始めたものの結局すべてのライブを記録することはできなかったので、せめてライブ納めこそはと綴ってみる。

記事で言えばジャニーズ、K-POPとアイドル続きからのバンド。どこで一体何があったのか。

しかしながら統一性のないジャンルを通っていますが、私のライブ原点はバンドなのです。

さて、前置きは兎も角JITB。

二、三年前からシドの関連で武道館でライブ納めをしてきてはいたのですが、JITBに参加するのは初めてでした。

一言だけ言うならば、超楽しい!

これに尽きました。身体の痛みも至福。

出演者順に感想連ねていきます。

 

  • ムド

f:id:yocochan07:20161228100029j:image

メンバー

Vocal : 逹瑯(MUCC)
Guitar : Shinji(シド)
Bass : 明希(シド)
Drum : SATOち(MUCC)

SETLIST

  1. お別れの唄
  2. 御手紙
  3. 大嫌い

まさかの一番手。

MCでの自己紹介でボーカル・マオロー、ギター・みじ、ベース・あっき、ドラム・ゆうちと紹介。「みじ」ことしんぢ曰く「俺久々に公で喋るのにみじなの!?」とちょっと不服そうなのが非常に可愛かった。

そして最後の「大嫌い」は明希の希望で実現した模様。

このステージ、逹瑯の歌が圧巻でした。マオが魅せるシドの歌とは違う迫力のある低音と力強くステージの空気を一気に変えてしまうような声音が最高でした。御手紙でとくにそれを感じました。マオが歌うと切実に訴えかけてきて胸をきつく締め付けるような雰囲気ですが、逹瑯のは恨みや妬み、嫉み、相手に迫るような威圧的な空気に背筋がぞくりとしてたまりませんでした。

表情や表現力、衣装や化粧、何から何まで魅了され骨抜きにされて次のステージへ。

 

  • シック

f:id:yocochan07:20161228170955j:image

メンバー

Vocal : マオ(シド)
Guitar : ミヤ(MUCC)
Bass : YUKKE(MUCC)

Drum:ゆうや(シド)

SETLIST

  1. 最終列車
  2. 紫陽花
  3. アゲハ

さすがマオ氏、MCが長い。好きだ。

そんな印象のコラボステージでした。

ムドが二曲歌ってMC挟んでさらっとしていたのでどう持っていくのかと思ったら一曲ごとにMC入ってた。ムドとは異なり普通に自己紹介してました。

マオの歌うムックは癖がなく聴きやすい印象でした。癖はないけれど耳に残り、高音が綺麗な声音。お互いに正反対の声質のボーカルがお互いの曲をカバーするというのは聞いていて楽曲の印象を凄く変えてくれて、ライブ楽しい!とひしひしと感じました。

シドの「紫陽花」も披露していましたが、聴き慣れたマオの歌声でもミヤやゆっけが奏でる音にのせるとムックの雰囲気に変わって聞いていて楽しかったです。

ムックとシド、お互いに異なる魅力を持っていますがコラボした時の魅力もまた味わい深くて素敵でした。

 

続いて新人四組のステージ。

  • VALS

deuce
シルエット

VALSはマオがニコニコ生放送でプロデュースしたバンドだ、という情報しか知らず、楽曲もどんな子たちかも知らないままステージを拝見しました。見てびっくりしたのが五人のバンドではあるようなのだけど、楽器演奏者はベースとドラムのみで、ボーカル、そしてあとの二人はダンスという構成のグループでした。まだ結成して間もないので緊張感の伝わってくるステージでしたが、ベースの子の憲人くんが表情作りが上手いなあ、という印象を受けました。ViViDのイヴくんに少し似てるような。

  • CLØUD

狼煙

RUDENESS

CLØUDも名前だけ知っていて知らずにステージを見ましたが、軍服に身を包み楽器隊が登場し会場を煽っていく中、大きな旗を掲げて登場するボーカルに目を惹かれました。コンセプトがしっかりあり、ライブ楽しそうだなあ、という印象を受けました。席が下手だったので下手ギター・庵くんの髪の長さに見惚れてた。演奏するたびに激しく揺れても乱れぬ長髪素敵。

  • ユナイト

ジュピタ
ice
small world order

ユナイトは前回のバトルアリーナで拝見して以来、二度目でした。結くんの煽り方がアイドルっぽくて好きです。キラキラした歌を歌う時の高音も、客を食うような煽り曲を歌う低音も歌いこなしていく姿が素敵。

  • カメレオ

運命開華ディスコ
ダメ男
万歳\(・∀・)/Music!

カメレオもユナイト同様、二度目の拝見。トークが上手い、歌もノリやすい、そして楽しい。前回見た時からカメレオに魅了され、ライブ行ってみたいな、とおもいつつ結局今年を終えてしまった。来年こそはちゃんと勉強して行ってみたい。二曲目の「ダメ男」でユナイトが登場し、最後の「万歳\(・∀・)/Music!」では新人四組総出演。最後に「MDC35周年おめでとう」を手作り感満載のボードを掲げて終了。

幕が下りてくるまでアピールしてる新人四組可愛い。こうして沼から出られないようです。

 

続きを読む

VIXX「Depend on」

ようやく会えたね、6VIXX!

ということで、初めてVIXXライブに足を運んできました。

今年の1月にLRでのライブしたときはバラードでしっとりとした空気感のなか、レオとラビの甘い歌声とラップが会場を包んでいて、とびきり有意義な時間を過ごさせてもらったのですが、今回は本体であるVIXX。

さすが、というかテレビで見るよりもうんと圧倒される歌声とダンスのキレ具合。

韓国のアイドルを何組か追ってるなかで私がVIXXが好きな理由は彼らのダンスでのバランス。

六人組でダンスを踊るとき必然的にシンメが生まれて、その踊りが揃っていてかっこいい。本国で最近カムバックした曲、다이나마이트はまさにそれを現していて結構好き。

個人的に一番好きなのはhydeなんだけどそれは今回見れなくて残念。

あとライブの演出が幻想的で本当に好き。

歌っている時に後ろで流れる映像、LRのときも思ってたんだけれど本当に素敵。

本人たちも勿論見ているんだけどそれが映えてうっとりする。

さてはて、何を書くかも決めずにつらつら書き始めたけれど何を書こう。

 

私が愛してやまないレオニム、へむち!!

最近の著しいハムスター化が可愛くてしょうがないよ、私は!!!

基本無口、無表情。最初の印象はなんか浮いてるこの子…。しかし一番心惹きつけられる。

そんな印象を変えないまま私の心を鷲掴みにしたのが先述のVIXXLR案件である。

LRを見て好きになったがいまやびくすちゃんの虜である。


この記事を書き始めたのが丁度公演の翌日だったが、追記に追記を重ねていまやこの公演がテレビ放送された。

改めて見るが、やっぱり激しい楽曲の連続で疲れ切ってへとへとな様子を晒す六人が最高に好きだ。そしてひょっくんがラビの真似をするところからの90line・えんちゃんとレオがたまらん。

肩に手を置くくだりで決して肩に触らせようとしないレオとそんな態度を受けてレオの頭をがしって掴む一枚上手なハギョニ。


精悍で美しい、男性美の塊であるびくすちゃん。そんな中での可愛らしさが大変ドツボです。

これからもズルズルとびくす沼に落ちていくでしょう…。



コインロッカーベイビーズ

思い立ったが吉日、見たい!と思ったので行ってきた。

ABC-Zの河合郁人くん、橋本良亮くんが出演するこの舞台。

原作は村上龍氏の同名小説。

 

新装版 コインロッカー・ベイビーズ (講談社文庫)

新装版 コインロッカー・ベイビーズ (講談社文庫)

 

 

お恥ずかしい話だが、私はこの舞台をキッケケにこの話を知った。

そしてどっぷりこの作品の世界観に呑み込まれた。

別々の場所だが、コインロッカーに捨てられた赤子の二人。同じ養護施設で育てられ、同じ養父母に双子の兄弟として引き取られたハシとキク。幼い時の二人の共依存関係と、ハシが幼い頃聞いた「音」を探しにキクから離れてしまったところから物語は展開していく。

赤ん坊の頃にコインロッカーに捨てられたこと、そしてそんな中で奇跡的に生き延びたこと、それによって二人は精神的に不安定で脆くて、幼い二人に背負わせるにはあまりに重たいものだと記憶を閉じ込めるために聞かせた「音」。そんな中でも強く、逞しく現実と向き合う姿が綺麗で眩しい。舞台では二人にスポットライトを当てて小説同様話が進んでいくんだけれど、ヒロインのアネモネ、ニヴァ、Dと個性の強いキャラクターたちが決して引けを取らず、表情豊かに描かれていて飽きのこない舞台でした。私の乏しい語彙の中ではとても表現しきれないけれど、この二人のそんな物語が胸に残り息苦しくさせてくれました。あまりに破茶滅茶で、それでも胸にくる。

興味本位で入った舞台だったが、あまりにその空間やお話が楽しくってもう一度入る予定である。

橋本くん演じるハシの純粋さと狂気、河合くん演じるキクの脆さから生まれた強さと逞しさ、愛おしい二人をもう一度見るのが楽しみ。

 

始球

以前から気になってたはてなブログでブログを書き始めてみる。

理由は四月で新年度が始まったということもあるけれど、ふだんいろんなライブや舞台に行くために働いてるけど、ライブや舞台についてのあれやこれやをまとめて書き綴るということをしてないな、と思い始めてみた。単純だけれどいいの。


早速、先日の13日に東京ドームで行われたジャニーズ野球大会。



と、ツイッターに書いたあれこれ。

一番記憶に残ってるのは担当・横尾渉のことではなく、ジュニアの中での推しメン・中村嶺亜くんが目の前に現れたことである。

横尾担名義で入った場所はJ.Redを応援するに相応しい三塁側。勿論後列であったが双眼鏡を覗けばなんの問題もない席。

そんな最中で、回が終わり曲タイムが始まった時にそれは起こった。NEWSの曲がかかり始めたと同時にあちらこちらで歓声。そして一番近くの扉からひょこっと誰かが出てきたと思えば、少しだけ色素の抜けた明るい髪にゆるふわのパーマ、色白で華奢な体つきで可愛く踊る中村嶺亜くんではありませんか。

一瞬誰かと思ったが、あのにっこり笑った時の歯が嶺亜くんだった。我ながらちょっと気持ち悪い文体だけれど、嶺亜くんか可愛いから仕方ない。

曲中くるくる回ったり、お客さんに微笑んだり、手振ったり、サービス精神がとにかく旺盛で場慣れしてるなあ、と感心。

最後投げちゅーしてた。そして去り際に再び各位にお手振り。

嶺亜さまさまだった。


とまあ、こんな感じで嶺亜くん可愛かったとひたすら頭に残ってる。


始まるまで嶺亜くんがいることもは知らなかったので、公開練習中もひたすら仲良しわたふみを眺めて、亀横をみて、にのちゃんと会話する横尾さんを見て、とひたすら横尾渉可愛い状態だったのに帰ってきたらまさかの、です。

基本的には横尾さんばかり眺めてたけど視界に入る時は嶺亜くん見てた。恐ろしい子……!


そんなこんなで中身も何もないただの可愛かった日記。

野球大会楽しかったです。あまりにも豪華で美しくって、東山さんが最後に仰ってたことが現実になればいいのにとひたすら願ってこの記事おしまい!